BBクリームの塗り方

BBクリーム、コンシーラー、ファンデーションの塗る順番はどうしたらいい?

投稿日:

 

化粧をする際のベースメイクには種類があり、それぞれ塗る順番や役割があります。
今回は、それらについてまとめました。

BBクリームの役割

BBクリームはBlemish Balmの頭文字を取って付けられた名前で、ブラミッシュバームと言って、ブラミッシュは傷でバームは軟膏を表しています。
元はドイツで生まれた医療用軟膏でして、傷を癒したり保護する目的で使われていました。
それが改良を重ねて肌への保湿効果や再生効果はそのままで、そこに紫外線カットや美容成分、カバー力をプラスした物が今あるBBクリームになります。
なのでBBクリームの役割とは、日焼け止め効果と化粧下地効果、なおかつ肌の悩みをカバーするファンデーション効果も兼ね揃えた一本だけで、万能の役割を果たす簡単で肌に優しいベースクリームになります。

コンシーラーの役割

コンシーラーは部分用のファンデーションと考えて下さい。
隠したいクマ、シミ、ニキビ跡などその隠したい部分によって合う色味が何種類かあります。
ファンデーションだけでは隠せない肌の悩みの部分を集中的にカバーしてくれます。
コンシーラーを使う事により、全体をファンデーションで厚塗りしてカバーするより、ナチュラルに仕上がるのも良い点です。

ファンデーションの役割

ファンデーションは肌色を均一に整えて、毛穴やニキビなどのでこぼこをカバーして、つるんとした綺麗な肌に見せる事が一番の役割になります。
そこに紫外線から肌を守ったり、冷気や乾燥からも肌を守る効果があります。

BBクリームとコンシーラーとファンデーションの塗る順番は?

それぞれの役割は分かりましたが、次は塗る順番についてです。
メイクの知識として、肌に塗る順番は液状の物から塗っていき、粉状のものを塗る事がベースメイクのルールです。

BBクリームの上にコンシーラーは必ず塗るべきなの?

BBクリームの上に必ずコンシーラーを塗る必要はありません。
BBクリームを塗ってもシミやニキビ跡などが思うように隠れない場合のみにBBクリームの後にコンシーラーをスポット的に部分使いをしましょう。

コンシーラーを塗ると浮いてしまう場合にはどうしたらいい?

コンシーラーが浮くというのは、いかにもコンシーラーをぬった部分が目立ってしまうという事です。
塗る順番を間違えてもコンシーラーは浮きます。必ず液状のBBクリームやリキッドファンデーションを塗り、コンシーラーを塗り、その後にパウダーファンデーションやフェイスパウダーを塗るようにしましょう。
あとは、色味が合わないと必ず浮きますので注意が必要です。

BBクリームの上にファンデーションは必要なの?

ナチュラルメイクが好きな方であればファンデーションは不用になります。しかしBBクリームのみで仕上げるとベタつきが残りますので、最後にフェイスパウダーを軽くのせるとサラッと仕上がります。

塗る順番を間違えるとどうなるの?

BBクリームを塗る前にコンシーラーを塗ってしまうとコンシーラーがよれてしまい、確実にシミやニキビ跡などを隠す事ができません。それとBBクリームには下地効果があるので、肌に直接コンシーラーをのせることにより肌に負担をかけてしまい、肌荒れの原因にもなってしまいます。

BBクリームの上に塗る時のコツ

BBクリームの上に塗る時のコツを解説しましょう。

コンシーラーを塗る時のコツ

コンシーラーとBBクリームの色味を合わせるために、コンシーラーは隠すシミやニキビ跡よりも広範囲に塗ります。そしてBBクリームとの栄目をスポンジでぼかしましょう。ぼかす事によりコンシーラーが浮く事も防いでくれます。

ファンデーションを塗る時のコツ

ファンデーションを塗る場合は、リキッドファンデーションではなく、パウダーファンデーションを使います。
BBクリームにはリキッドファンデーションの効果もありますので、パウダーファンデーションでよりカバー力を上げていきます。
パウダーファンデーションを使う事によりベタつきを抑えて、サラサラに仕上がるというメリットがあります。

さいごに

BBクリーム、コンシーラー、ファンデーションの塗る順番やそれぞれの相乗効果を説明してきましたが、使い方や使う順番により効果を発揮してくれたり、間違えてしまうと効果が低下してしまったりします。
正しい使い方で、悩みをカバーして理想的なベースメイクに仕上げましょう。

-BBクリームの塗り方
-, , , ,

Copyright© 今売れ筋の20代後半におすすめBBクリームランキング|人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.