BBクリームの知識

UVカット効果があるBBクリームに日焼け止めの重ね塗りは必要?意味はあるの?

投稿日:

 

あなたは日焼け止めとBBクリームを重ね塗りしていますか?

「UVカット効果があるBBクリームに、さらに日焼け止めを重ね塗りする意味は何なの?」と疑問に思いますよね。

そもそも重ね塗りは効果があるのでしょうか?日焼け止めを併用するメリットについても気になりますよね。

また、時間が経ってから塗り直しする場合には、どうしたらいいのでしょうか?BBクリームと日焼け止め、どちらを重ね塗りするのかわかりませんよね。

BBクリームの場合塗り直しはどのくらいの間隔で必要なのか、についても詳しく解説します。

「BBクリームと日焼け止めの重ね塗りや塗り直しがわからない」という方も、この記事を読めばスッキリ納得いくはずです!

日焼け止めを重ね塗りする意味は?

そもそも日焼け止めの数値「SPF50」「PA+」とかって何?

UVカット効果は、「SPF」と「PA」という基準で示されます。SPFは、主にUVB波という紫外線を防ぐ数値のことです。UVB波は肌表面にダメージを与え、シミやソバカスなどの原因になります。SPFは最大で50+です。

UVA波は、皮膚の奥にダメージを与える紫外線で、シワやたるみの原因になります。屋内にいても浴びてしまうため注意が必要です。PAとは主にこのUVA波を防ぐ効果のことで、1から4個の+の数で表されます。

日焼け止めの効果は足し算できる?

PAの+は、多ければ多いほどUVA波を防ぐ効果が高いことを示しますが、SPFは違います。SPF30の日焼け止めは、「日焼けにかかる時間を30倍に延長する」という意味です。たとえば、何も塗らないと10分で日焼けしてしまう人は、SPF30の日焼け止めを塗ることで5時間(300分=10分×30)に延長できるのです。SPF50なら50倍です。

そして、UVカットアイテムをいくつか併用しても、SPFやPAは足し算ができません。SPF50・PA++++の日焼け止めと、SPF35・PA++のBBクリームを併用しても、SPF85・PA++++++にはならず、SPF50・PA++++の効果しか得られません。

日焼け止めを併用するメリットは?

UVカット効果は足し算できないなら、「BBクリームと併用する意味はないのでは?」と思ってしまいますよね。でも、そんなことはありません。実はBBクリーム自体のUVカット効果はそこまで高くないので、日焼け止めと併用することでUVカット効果が高まるのです。

SPF50・PA++++のBBクリームを使っているなら別ですが、多くのBBクリームはSPFは35程度、PAも++から+++程度です。BBクリームは、UVカットをメインの目的にして作られているわけではないので、そこまで数値は高くないのです。

長時間紫外線を浴びることを考えると、BBクリームだけでは日焼けの心配があるので、SPF50などのより高い効果を持つ日焼け止めと併用すると安心です。

ただし、BBクリームと同じ数値の日焼け止めを使ってもほとんど意味はないので注意しましょう。併用してメリットがあるのは、BBクリームよりSPFやPAの数値が高い日焼け止めを使う時です。

どう塗り直したらいいの?

BBクリームを塗り直す方法

顔の場合は、BBクリームを塗り直すのがおすすめです。BBクリームは1本で何役もこなすので、化粧直しもいっぺんにできるからです。

手順はとっても簡単。塗り直す前に、ティッシュやコットンなどで顔の油分や浮いた化粧を落とし、その後BBクリームを塗り直します。
塗りこむというよりは、叩き込む感じで塗りましょう。
仕上げにフェイスパウダーやルースパウダーなどを塗ると、テカリが抑えられ、カバー力やキープ力も増しますよ。

日焼け止めを塗り直す方法

UVカット効果を重視したいなら、日焼け止めを塗り直すのもおすすめです。顔の化粧を軽く落とし、日焼け止め→(BBクリーム→)パウダーファンデーションと塗ります。

時間や手間はかかりますが、より高いUVカット効果を得たいなら、日焼け止めから塗り直すと良いでしょう。

BBクリームを塗り直す間隔は?

「日焼け止めはこまめに塗り直しましょう」とよく言いますが、顔のBBクリームはどんな感覚で塗り直せばいいのでしょうか?化粧もしているので、頻繁には塗り直せませんよね。

塗り直す間隔について、実は明確な決まりはありません。顔に関しては、メイクが崩れていない限り、日焼け止め効果も保たれていると考えて良いでしょう。汗をたくさんかいたり顔をこすったりしてしまうと、メイクが崩れるだけでなくUVカット成分がとれてしまうので、塗り直す必要があります。

また、SPFの値に関わらず、時間が経てば日焼け止め効果は弱まってしまいます。メイクが崩れていなくても、SPF30なら5時間程度、SPF50なら6時間程度経ったら塗り直すと良いでしょう。朝化粧したなら、お昼に一度塗り直すイメージです。

さいごに

BBクリームと日焼け止めを併用する意味やメリットについてご紹介しました。また、塗り直しのやり方や塗り直しの間隔についても解説しました。

この記事の内容をまとめると、

・BBクリームだけではUVカット効果が弱い場合、SPF50など強力な日焼け止めを併用すると良い

・BBクリームを塗り直せば、化粧直しも一気にできる

・日焼け止めを塗り直すのも可能。UVカット効果は高いが、手間が多い

・塗り直すタイミングは化粧直しと同じ

・化粧が崩れなくても5~6時間を目安に塗り直すのが良い

重ね塗りや塗り直しは、UVカットの基本テクニック。BBクリームと日焼け止めをうまく使って、日焼け知らずの美肌を目指しましょう!

-BBクリームの知識
-, ,

Copyright© 今売れ筋の20代後半におすすめBBクリームランキング|人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.