BBクリームの塗り方

BBクリームとフェイスパウダーの塗る順番は?使い方のコツはある?

投稿日:

 

ベースメイクの人気アイテム、BBクリーム。フェイスパウダーと併用する際は、どういう順番で塗れば良いのでしょうか?

フェイスパウダーを使ったことがない方や、「フェイスパウダーって何?ファンデーションとはどう違うの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

フェイスパウダーは、うまく使えばプロがやったような仕上がりになるおすすめのアイテム。

この記事では、そんなフェイスパウダーとBBクリームの使い方について、わかりやすくご紹介します。

フェイスパウダーって何?

フェイスパウダーってどんなアイテム?

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに使う粉のことです。油分が少なく、軽い使い心地が特徴です。プレスされて固形になったもの(プレストパウダー)と、プレスされていないパウダー状のもの(ルースパウダー)があります。

フェイスパウダーの目的は、化粧の仕上げを長持ちさせたり、より立体的にみせたりすることです。プロは仕上げに絶対使います。

皮脂や汗を吸ってくれるので、フェイスパウダーをつけるのとつけないのでは、化粧もちが全然違ってきます。

また、カバー力はあまり高くはありませんが、フェイスパウダーはメイク直しにも使える便利なアイテムでもあります。

今までフェイスパウダーを使ったことがないという方は、ぜひこの機会にデビューしてみてください。一度使うと、前のメイクには戻れなくなるでしょう。

ファンデーションとの違いは何?

フェイスパウダーも一応ファンデーションの仲間で、一見パウダータイプのファンデーションとよく似ています。しかし、フェイスパウダーとして売られているものと普通のファンデーションでは、目的が全く違います。

ファンデーションは、お肌全体のくすみやシミをカバーして美肌に見せるためのものです。パウダーといっても油分が含まれていて、重くしっとりとした使い心地です。肌にしっかり密着し、クレンジングを使わないと落ちません。

一方、フェイスパウダーは、仕上げ用のファンデーションであるため、カバー力より化粧の持ちを重視しています。油分は少なく、ふわふわと軽いつけ心地です。クレンジングをつけなくても、比較的簡単に落とすことができます。

BBクリームやフェイスパウダーを使うメイクの順番はどうしたらいいの?

フェイスパウダーは最後の仕上げに

使うアイテムは人によって異なりますが、基本的なベースメイクの順番は、

BBクリーム→化粧下地→ファンデーション(リキッドやクリームタイプ)→コンシーラー→フェイスパウダー

です。

しっかりカバーしなくてもいい日は、ファンデーションやコンシーラーなしで、BBクリームとフェイスパウダーだけでも問題ありません。

BBクリームだけではテカリが気になることもありますが、フェイスパウダーを一緒に使うことで、テカリを抑えた自然な仕上がりになります。化粧持ちも良くなり、肌色もきれいになります。

さらに、フェイスパウダーをベースメイクの仕上げに塗ることで、そのあとのチークやアイメイクの発色や持ちが良くなります。今までBBクリームだけでベースメイクを済ませていた方には、フェイスパウダーもプラスすることをおすすめします。

パウダータイプのファンデーションを使う場合は、フェイスパウダーの必要はありません。お好みで使ってもいいのですが、皮膚の上の粉の量が多くなってしまうので、かえって化粧崩れの原因になるかもしれません。

フェイスパウダーを下地に使う上級テクニック

夏場の汗をかく時期など、フェイスパウダーを下地としても使うテクニックもあります。この場合は、

BBクリーム→化粧下地→フェイスパウダー(1回目)→ファンデーション→フェイスパウダー(2回目)

という順番になります。

化粧崩れを予防して持ちを良くしてくれるだけでなく、毛穴も上手く隠すことができます。

2回フェイスパウダーを塗ることになるので、あまり厚塗りにならないように注意が必要です。

フェイスパウダーの使い方のコツってある?

パフとブラシを使い分ける

フェイスパウダーは、最初は基本的にパフで顔にのせていきます。

パフにフェイスパウダーをつけたら、容器に軽く叩いて粉を少し落とします。一度で塗ろうとせず、何回かに分けて薄くつけるつもりで、滑らせるように塗っていきます。

顔全体に粉を広げたら、ブラシに持ち替え、余分なフェイスパウダーを払って落とします。

この時、髪の生え際や首との境目が目立たないように、顔の内側から外へ広げるようにしましょう。

化粧直しをする場合にはどうしたらいいの?

化粧直しの時に、油分が少ないフェイスパウダーはファンデーションより自然な仕上がりにできます。

まず、崩れてしまったファンデーションや顔の皮脂を取るために、ティッシュなどで小鼻などを押さえ、吸い取ります。決してゴシゴシこすったりはせず、ポンポンと軽く押さえるだけにしてください。

次に、ブラシにフェイスパウダーを少し取ったら、容器のフチに叩くなどして余分な粉を落とし、ブラシ全体に粉を広げます。粉をつけすぎたり、一箇所に集中したりするのを防ぐためには、このステップが非常に大切です。

ブラシ全体に粉を含んだら、顔の中心からクルクルと軽いタッチで、外側に向かって細かい円を描くようにつけていきます。

もしつけすぎてしまったら、別のブラシかきれいにしたブラシをつかって、優しく肌をなでて粉を落とせばOKです。

フェイスパウダーの選び方は?

色選びはかなり重要

フェイスパウダーの色選びは非常に重要です。明るすぎる色を選ぶと、首と色が違ったり顔が浮いたりします。

自分のもともとの肌色だけでなく、BBクリームやファンデーションの色を考慮しつつ、色味を決めましょう。

素肌っぽさ重視の方や、色をどう選んだらいいかわからない方は、ルーセントという半透明の色がほとんどついていないパウダーをおすすめします。カバー力はあまりありませんが、化粧持ちの向上や立体感の演出に役に立ちます。

また、結婚式やパーティなどのお呼ばれシーンでは、パールが入ったフェイスパウダーを使うと、華やかでゴージャスな仕上がりになります。

さいごに

BBクリームとフェイスパウダーの順番や使い方についてご紹介しました。

フェイスパウダーは、

・ベースメイクの最後に使う仕上げアイテム

・つけるとつけないでは、仕上がりも化粧もちも大違い

・BBクリームとフェイスパウダーの組み合わせは相性がいい

・化粧直しにも使えるアイテム

です。

今まで使ったことがなかったかたは、ぜひこの機会にフェイスパウダーデビューしてみてくださいね。

-BBクリームの塗り方
-, , ,

Copyright© 今売れ筋の20代後半におすすめBBクリームランキング|人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.