BBクリームの知識

BBクリームの仕上げは必要なの?どうしたらいいの?

投稿日:

 

時短メイクにも大活躍のBBクリームを使うと、簡単にメイクが出来ます。
忙しい朝や、ナチュラルメイクにしたい時にも便利です。最近ではベースメイクをBBクリームで完了させる方も多いと思います。そんなときに仕上げはどうしたらいいのでしょうか?
気になる方法を調べてみました。

BBクリームの仕上げは必要?

日焼け止め・下地からコンシーラー・ファンデーションまで一本で何役もこなすBBクリームですが、塗った後のベタベタ感が少し気になります。そのままの状態で、自然に馴染むのでしょうか?パウダーファンデーションなどで仕上げをした方がいいのか気になります。

仕上げをするメリットは?

BBクリームを塗った後は、仕上げをすることで化粧崩れを防ぐことが出来ます。綺麗に肌を整えた状態をキープして、メイクのもちを良くします。時間がたっても、おでこや小鼻のテカリを防ぐことが出来ます。

BBクリームの後にはフェイスパウダーで仕上げる

コンシーラーやファンデーションの効果もあるBBクリームの上に、パウダーファンデーションを重ねると厚塗りになってしまいます。透明感のあるフェイスパウダーで仕上げることで、BBクリームでカバーした肌をより美しく見せることが出来ます。

ルースパウダーとプレストパウダーの違いは何??

ルースパウダーとプレストパウダーはパウダーの状態が異なります。ルースパウダーは粉状のフェイスパウダーで、プレストパウダーは固形のフェイスパウダーです。

ルースパウダーの特徴

ルースパウダーはさらさらした状態のフェイスパウダーで、リキッドファンデーションの仕上げに向いています。頬やおでこなどにも広げやすく、細かいところまでフェイスパウダーを乗せやすいです。パフを使って、たっぷりのフェイスパウダーを一度に使うことが出来ます。軽い使用感なのでBBクリームの仕上げに向いています。

プレストパウダーの特徴

プレストパウダーは固形の状態のフェイスパウダーで、メイク直し用に持ち運ぶときに便利です。部分的にテカリを抑えたい時や、メイクのよれを直すときにも使いやすいです。最初はプレストタイプを選ぶと、ルースパウダーよりも使いやすいです。

フェイスパウダーの正しい使い方

フェイスパウダーを使うタイミングや使い方でメイクの仕上がりに違いが出ます。パフやブラシを使って、BBクリームの仕上げをしてみましょう。フェイスパウダーをうまく使いこなすと、BBクリームの良さを引き出すことができます。

パフを使った時の塗り方とコツ

パフにフェイスパウダーをつけたら、パフをよく揉みこみます。肌の上を滑らせるようにパフでフェイスパウダーを塗ります。最後にパフで肌を抑えるように馴染ませると、メイクのもちが良くなります。細かい部分はパフを折って使うと塗りやすいです。粉っぽさが気になる場合は、手のひらで顔を抑えて、ハンドプレスしてみましょう。自分の体温でしっとりと収まります。

ブラシを使った時の塗り方とコツ

大きめのブラシに、たっぷりとフェイスパウダーを含ませます。ブラシを手首などにトントンと当てて、ブラシにフェイスパウダーを馴染ませます。ふんわりとぼかすように乗せると自然な雰囲気に仕上がります。塗り過ぎた場合は、何もつけていない状態のブラシで肌をブラッシングすると、余分なフェイスパウダーが取れます。

さいごに

BBクリーム一つで簡単にベースメイクが完成しますが、仕上げにひと手間加えることで違いが出てきます。フェイスパウダーは厚塗り感が出ないので、ナチュラルに仕上がります。意外と出番が少ないフェイスパウダーですが、BBクリームの仕上げには最適のアイテムです。ルースパウダーかプレストパウダーか、自分のメイク方法に合うタイプを選んで使ってみてください。

-BBクリームの知識
-,

Copyright© 今売れ筋の20代後半におすすめBBクリームランキング|人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.